×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

手紙でのマナーは?

手紙のマナーは、手紙を書く上で気おつけたいことが就職活動やビジネス、知人への手紙、メールでの手紙のマナーなど手紙のマナーを知っていると言う事は大切ですね。手紙のマナーの一つとして手紙を受けとったらできれば3日以内に返事を出しましょう。手紙の返事や礼状はすぐに返した方がよいですね。手紙とは、心を伝えるものです。手紙のマナーで字は丁寧に読みやすく心を込めて返事ないし手紙を書きましょう。それと脱字、誤字にも気おつけます。また手紙のマナーとして頻繁には、敬語を使わない方がいいようです。敬語を乱用すると気持ちのよいものではありませんね。また手紙の書く量についてですが手紙が少なくて便せんが2枚以上に書くのが手紙のマナーです。でも手紙を書く機会の少ない方は、手紙を書くのに慣れていないせいか、難しく考えてしまいます。でも手紙のマナーの基本的なことを理解していれば簡単なことなんです。手紙には素直に自分の気持ちを伝えればいいのです。

手紙に自分の気持ちを伝える

手紙を書く際の基本として手紙の組み立て方を正しくすることも手紙のマナーに気おつけるかとになります。手紙を書いていくなかで手紙の構成があります。手紙の構成として4つに別れます。最初に手紙の頭に来るのが「前文」これは、頭語,時候の挨拶、相手の状況を気遣うそういう文章がきます。つぎにくるのが「本文」用件など次に「末文」結語からなる結びのあいさつ最後に自署、日付の後付です。これらが手紙の基本的な構成になります。このような基本的な手紙の構成を把握して自分なりに手紙の書き方を工夫して手紙を書けるようになれればいいですね。それと手紙の書き方に関するマナーにもきおつけて正しいマナーで手紙を出せるようにしましょう。また手紙を書く際には、自分で丁寧に書いたほうが相手に気持ちが伝わります。手紙を書く際にはやはり心を込めて一生懸命書かれた手紙には心に何かが伝わりやすいと思います。

手紙の書き方で大事な宛名の敬称

宛名の敬称についての手紙のマナーですが、最近は手紙を書く機会が減ってしまったせいか(メールの普及)手紙を書くとなるとなかなか難しいですよね。それに手紙のマナーもよく分からない自信がないそういう人は、多いかもしれません。手紙の書き方として気になるのは、宛名の敬称ですね。手紙で個人、友人、知人などに出す手紙の呼称は、相手の名前に様を付けるのが手紙のマナーです。また仕事関係やビジネスに使う手紙には、役職名をつけた後に殿をつけます。また手紙を手紙を受け取る場合としては、様よりも殿と書いたほうが、格下と感じる方が多くなってきたようです。手紙で殿を使う際には、注意ですね。会社に出す手紙のマナーで会社名で書く手紙には、御中をつけるのが手紙のマナーになります。手紙を書く場合には、バランスに気をつけて手紙の構成を考えながら書くことも大事です。

Copyright © 2007 手紙のマナーを知って自分の気持ちを手紙で伝える。